写真データから起こす

写真といえば、カメラを持っていき、フィルムを入れて、絞りとシャッタースピードを調節して撮るものでした。日光の位置を気にしながら、さまざまな要因から設定を割り出していきます。職人的な部分も面白みでしたが、手軽に写真を撮れるわけではありません。それがデジカメとなり、素早く写真が撮れるようになってきました。フィルムは必要がなくなり、デジタルデータとして、自動で補正もかかるようになったことで、手間も技術も必要がなくなったからです。

カメラ写真を撮りためていけるようになったのは、他にも要因があります。さらに手軽に撮れるようになってきたのは、スマートフォンの進化があるからです。スマートフォンは、携帯電話の進化版ではありません。パソコン的な部分に携帯電話の機能を足したものであり、さらにカメラまで機能として持たせました。以前は精度の低い写真しか取れませんでしたが、今ではデジカメも負けてしまうほどの高精度の写真が撮れます。それも取り出せばすぐに撮れるのですから、大きな進化です。容量も大きくなったため、大量の写真を撮りためられるのも違いでしょう。だからこそ、これを整理するタイミングも大切になってきました。

大量に撮りためられますが、バックアップは簡単とは言えないことも出てきます。そこで、フォトブックを使えば、アナログの写真集にできるようになるところがポイントです。多くの記録を1冊にできますので、参考にしながら写真データから作ってみてはいかがでしょうか。