手間いらずでプリント

スマートフォンの写真データをフォトブックにする理由は、とにかく簡単だからです。ネットワークプリントを活用すれば、数日後には自宅に届いているでしょう。自分で取り出し編集して、家庭用のプリンターで作れば、確かにすぐに受け取れます。ですが、相当な労力をかけなければいけませんし、編集もする必要があるでしょう。

パソコンとプリンターがあればできるというわけではありません。家庭用に作られたプリンターでは限界があります。インク代も大量に必要になりますし、製本作業も手間とお金がかかるでしょう。編集作業を考えた場合でも、ソフトも必要ですし、ソフトに対する知識もなければいけません。一朝一夕にいくようなものではなく、あっという間に時間も過ぎていきます。ネットワークプリントには、これらすべての手間がないところが大きな差です。

お店で注文する方法を考えてみるとわかりますが、自分でお店に行かなければいけません。時間がかかりますし、手間も必要でしょう。そこで、結果的にスマートフォン内の写真を整理するような作業が待っています。これでは何も意味がないでしょう。ネットワークプリントであれば、自宅にいながらでもできてしまいますし、どこでも簡単に始められるのですから、便利なのがわかるはずです。

 

 

確実で安価に作れる

 

お財布費用を考えてみても、スマートフォンの写真データはネットワークプリントでフォトブックにするのが一番です。写真屋で注文したとしても1枚数十円取られるでしょう。サイズにもよりますが、決して安くはありません。ネットワークプリントは、かなり安価印刷ができるようになっています。送料はかかりますが、フォトブックにすれば1枚当たりに換算すれば、わずかな金額にしかなりません

画質に関しては、業務用のプリンターですので、最高品質のレベルになるでしょう。写真屋に依頼するレベルと同じです。それを格安で手に入れられるのは、魅力的なサービスといっていいでしょう。実際にプロ用のプリンターは、家庭と全く異なる精度の印刷ができます。満足できる仕上がりを求めるのであれば、ネットワークプリントがポイントになってくるでしょう。

自宅での印刷と比べてみるとわかります。プリンターの品質を落としたとしても、インク代はどんどんとか掛かっていくでしょう。1枚当たりの単価にすると、驚くほどの金額になっているのも珍しくありません。手間もかかりませんし、品質も高いレベルになるのを考えれば、フォトブックを作る方法として、ネットワークプリントが向いていることがわかるはずです。

 

写真データから起こす

写真といえば、カメラを持っていき、フィルムを入れて、絞りとシャッタースピードを調節して撮るものでした。日光の位置を気にしながら、さまざまな要因から設定を割り出していきます。職人的な部分も面白みでしたが、手軽に写真を撮れるわけではありません。それがデジカメとなり、素早く写真が撮れるようになってきました。フィルムは必要がなくなり、デジタルデータとして、自動で補正もかかるようになったことで、手間も技術も必要がなくなったからです。

カメラ写真を撮りためていけるようになったのは、他にも要因があります。さらに手軽に撮れるようになってきたのは、スマートフォンの進化があるからです。スマートフォンは、携帯電話の進化版ではありません。パソコン的な部分に携帯電話の機能を足したものであり、さらにカメラまで機能として持たせました。以前は精度の低い写真しか取れませんでしたが、今ではデジカメも負けてしまうほどの高精度の写真が撮れます。それも取り出せばすぐに撮れるのですから、大きな進化です。容量も大きくなったため、大量の写真を撮りためられるのも違いでしょう。だからこそ、これを整理するタイミングも大切になってきました。

大量に撮りためられますが、バックアップは簡単とは言えないことも出てきます。そこで、フォトブックを使えば、アナログの写真集にできるようになるところがポイントです。多くの記録を1冊にできますので、参考にしながら写真データから作ってみてはいかがでしょうか。